HOME>記事一覧>マタニティ用のパジャマの特長やメリット、買うタイミングはいつがいいのかを知りたい

普通のパジャマとの違いやメリット

夫婦

出産準備リストに必ず入っているといっても過言ではマタニティパジャマですが、普通のパジャマとどのような違いやメリットがあるのかを知りたいという人もいるのではないでしょうか。マタニティパジャマの一番の特長は、授乳口があることです。胸元にスリットやファスナーがついているので、産後の授乳をスムーズに行うことができます。もちろん普通のパジャマでも代用することはできますが、普通のパジャマでは授乳するときに全開になってしまうので人目が気になるので、全開にして授乳するのは恥ずかしいという人は用意しておいた方が良いでしょう。

購入するタイミングと選び方

出産前後は、女性の身体は大きな変化があります。妊娠中期から後期にかけてだんだんお腹の大きさが変化していきますが、ウエスト部分がゴムやボタンで調節可能になっているのでお腹が大きくなって苦しくなるということはありません。また、産後徐々にお腹が元の形に戻って行くときにもサイズの対応も簡単にできるため、妊娠初期から産後の授乳期まで長い時間使用することができるので早めに買っておいても損はありません。マタニティパジャマを購入するときには、大きめのポケットがついているものを選ぶのがおすすめです。入院中は、診察室や赤ちゃん教室などに移動する機会が意外と多いので、ポケットにガーゼや清浄綿など入れられると両手があくのでとても便利です。