HOME>アーカイブ>マタニティパジャマの選び方とおすすめ代用方法

マタニティパジャマの選び方

マタニティパジャマを選ぶときは、前開きのものか、大きめのポケットが付いているか、お腹周りに余裕があるかなどをチェックしましょう。

マタニティパジャマの代用方法

  • 男性用の大きめサイズの洋服ならお腹周りも安心です。
  • 普段着るサイズよりも大きめのワンピースでも代用可能です。
  • 大きめのシャツワンピースならおしゃれに着こなせます。
  • コットン素材の大きめのシャツなら通気性も安心です。
  • 前開きタイプのパジャマなら産後の授乳もしやすいです。
  • Aラインワンピースならお腹周りも気になりません。
  • 取り外しできるウエストベルト付きのワンピースなら産後も活躍します。
  • エリ付きのシャツワンピースならお出かけ用としても使えます。
  • ユニクロならさまざまな種類のワンピースがあります。
  • 無印良品なら素材が気になる人におすすめです。

お腹の圧迫感を減らす

妊婦

妊婦さんのためのマタニティパジャマは、着用してもお腹を圧迫しないように作られています。主に妊娠中期から後期に着用するもので、出産のために入院した際に必要はパジャマとして、マタニティパジャマを選ぶことが多いです。基本的には、圧迫感を減らして睡眠時の負担を減らしたり、動いている時にお腹と服が引っかからないようにしたりする目的で着用します。そして、ウエストのゴムの長さを調整できる場合、大きくなっていくお腹のサイズに合わせることが可能です。

入院と出産時にも便利

妊婦

マタニティパジャマはお腹を簡単に出せるようになっているものがほとんどなので、入院中にお医者さんの内診を受ける際に手間取らずに済みます。また、邪魔にならないのであれば、そのまま分娩中でも着用し続けることができるので、なるべく着替えずに済ませたい時に利用すると良いでしょう。さらに、前が大きく開くタイプのマタニティパジャマであれば、出産後にそのまま授乳用としても活用でき、服をたくし上げる必要がありません。

外出用として

お腹

マタニティパジャマは色々な種類に分かれていて、中にはおしゃれなデザインのものも数多くあります。そのようなタイプを選択すれば、ちょっとした外出の際の外着にもなるので、負担のかかる着替えの回数を抑えたい時に便利です。